迫る2024年度調剤報酬改定

 

処方箋枚数/単価UPにつなげる次の一手とは

開催日時 2024年1月24日(水)19時半〜20時半 ※終了いたしました
開催場所 オンラインセミナー(ZOOM)
参加費用 無料

概要

Googleビジネスプロフィール・HP・各SNSの一括管理サービス「カンリー」を提供する株式会社カンリーと、かかりつけ薬局支援システム「Pharms(ファームス)」をはじめ医療プラットフォーム事業を展開する株式会社メドレー。

この2社が、薬局・ドラッグストア業界において調剤報酬改定後に注目される新たな集客手法から、処方箋枚数/単価UPを実現する方法を解説します。

こんな方へオススメ

     

    • 調剤報酬改定について最新情報を知りたい方
    • 処方箋の獲得枚数アップ、処方箋単価をアップする方法を知りたい方
    • Googleマップについて基礎から学びたい店舗運営者、ご担当者の方

タイムスケジュール

19:30〜20:10

講演者
株式会社メドレー 亀井 翔太

2024年度調剤報酬改定議論のトピックスから読み取る今後の方向性
〜処方箋枚数/単価UPのために今から取り組むべきこと〜

11/29に中医協「調剤について(その3)」の議論がなされ、2024年度調剤報酬改定の議論も終盤に差し掛かって参りました。
過去議論の「調剤について(その1,2,3)」から以下トピックスをまとめて解説し、今後に向けて取り組むべき点についてご紹介します。
・対人業務で評価・期待されるフォローアップ
・調剤基本料、敷地内薬局の適正化でグループとしての基本料引き下げに?
・地域支援体制加算の要件が変更に?

20:10〜20:30

講演者
株式会社カンリー 神田 大成

処方箋の獲得枚数アップに向けて、調剤薬局が今から取り組むべき集客施策とは?

2024年の調剤報酬改定に伴い、調剤薬局の処方箋単価が下がる可能性があります。そのため、売上を維持するためには、処方箋の枚数を増やす必要があります。
このような状況下で、近年、集客施策としてGoogleマップの活用が注目されています。
Googleマップ上で営業時間や住所などの正確な情報を発信し、クチコミ評価を高めることで、近隣の調剤薬局と比べて選ばれる可能性が高まります。
本セミナーでは、株式会社電通で顧客起点の集客戦略設計に携わった経験を持つ神田が、薬局・ドラッグストア業界でのGoogleマップ活用のポイントを、具体的な事例と共に解説します。

20:30〜

質疑応答

講師プロフィール

亀井 翔太

株式会社メドレー
Pharms事業推進室 室長

 

2017年にメドレーに入社し、医科向けシステム「CLINICS(クリニクス)オンライン診療」のセールスとして市場拡大を牽引。 現在は、導入店舗全国1.2万店舗のかかりつけ薬局支援システム「Pharms(ファームス)」の事業責任者を務める。

神田 大成

株式会社カンリー
マーケティング部 部長

 

2017年電通入社。「顧客獲得」を目的に、”どの媒体で、どういう情報をお客様に届けるべきか”を顧客心理、導線を徹底的に描いた上で様々な企業に支援を実施。
大企業からベンチャー企業まで、事業戦略、ブランディング、プロモーションプランニングなど幅広い業態のマーケティング戦略の設計を実施。
2021年カンリー入社。マーケティングチームの統括を担う。得意領域は”顧客起点”でのマーケティング戦略設計。

お申し込みフォーム

注意事項
お申込みに際しご登録いただいた皆様の個人情報につきましては、以下の目的に使用させていただきますことを予めご了承ください。

  1. 当セミナーに関するご連絡
  2. 今後、弊社が主催する各種イベントや営業・サービスに関するご案内

なお、株式会社カンリー個人情報保護に関し「プライバシーポリシー」を定め、利用目的をはじめとする具体的な取り扱いについて、法令、国が定める指針、その他規範を遵守し適正に対処してまいります。